僕のサイト作成術

ソーシャルブックマークサイトで被リンクを得る         (ホームページ作成 基本)

まず新規サイトはソーシャルブックマークサイトで被リンクを貰うことが基本
僕が行った良質の被リンクを得るやり方で検索キーワードが軒並み上昇した方法を紹介します。
サイト作成と同時にサイトの被リンク数を増やしていくのが僕のサイト作成で無駄な時間を使わないやり方です。

基本的に新規サイトが良質の被リンクを得る方法は相互リンクやディレクトリ登録、ソーシャルブックマークサイトの登録がありますがまずは簡単でサイトランクが高く nofollow のついていないブックマークサイトで登録しておきましょう。
ちなみにこの nofollow とはグーグルの検索エンジンが認識しないリンクのことで HTML ソース等でWEB ページを見ると確認できWEB ページ自体は人間の目で見ると普通のリンクのように見えるものです。
しかしこの nofollw タグがついていることで被リンク効果はありません。
ブックマークサイトでも nofollow タグのついているサイトとついていないサイトがあり nofollow タグのついているサイトに登録しても被リンク効果がないということになりますので nofollow タグのついていないサイトに登録しておきましょう。

僕がこのソーシャルブックマークサイトを複数登録し3週間ぐらい経ったあたりからサイトのキーワードが全体的にかなり上昇した覚えがあり無料登録できる上非常に効果のある方法です。
正直アクセス自体はあまり変化がなかった気はしますがまずは少しづつサイト内の検索キーワードの順位を上げていくことがアクセスにつながっていくと思います。


被リンク効果のあるブックマークサイトの紹介

登録して効果が感じれたブックマークサイト(nofollowがついていないブックマークサイト)
ブックマークサイトは普通に利用することによって自分のサイトの被リンク数は増えていきます。
どういうことかといえば誰かのサイトをお気に入りに入れることによって新たにサイトのページが作られるので被リンク数も増えていきます。
お気に入りに入れるサイトも自分のカテゴリに似たものを入れた方が被リンク効果が出て活発にソーシャルブックマークサイトを利用しているプロフィールランクが高い方は更に被リンク効果がありますので積極的にソーシャルブックマークサイトを利用しておきましょう。

必ず登録しておきたいソーシャルブックマークサイト 14サイト(被リンク効果を狙う)
はてなブックマーク     Blink
Yahooブックマーク     Clippo
Buzzurl(バザール)    synClick
livedoorクリップ      CoRich
izaブックマーク      フロッグ
hatenaアンテナ      あっとリンクス
choix2.0         Bookまーく

こちらは格安ドメインで信頼できるドメインの企業
年間580円からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

僕のサイト作成術のポイント

ソーシャルブックマークサイトの登録で検索キーワードの上昇を狙うのが今回の目的でアクセス数を増やしていくことではありません。これらのサイト登録で3週間後から徐々に検索順位チェックツールなどでキーワードの上昇がみられてくるはずですがこれは僕が体験したまだ1段階目の上昇です。最低3段階までの検索順位の上昇をさせていきましょう。2段階目の検索キーワードの上昇からはアクセスが伸びてきますよ。



トップページが当サイトのメインコンテンツでわかりやすく解説してます

当サイトはサイドビジネスや内職、副業等をネットでお金を稼ぐ方法を解説

当サイトはネットで稼ぐ方法の情報は得ることができるサイトですが違法性のある副業や内職、サイドビジネスなどの情報は公開しておりません。紹介するお小遣いサイトやアフィリエイトのサイトなどは大手の上場関連企業が多く信用できます。ネットでお金を稼ぐ方法を学び毎月の副収入、ネット収入の喜びを感じてください。

メニュー

僕のサイト作成術

ネットで稼ぐ方法・サイト作成

ネットで稼ぐ方法サイト作成術
Yahoo!  Google
検索エンジン

「ネット 稼ぐ方法」2位
「ネットで稼ぐ方法」3位
「ネットで稼ぐ」  2位
サイト作成3か月半で獲得!!

ドメイン取得

マイドメイン1000
  

サイト作成術をお気に入り

 
 「僕のサイト作成術」
  お気に入りに追加

  
  あなたの口コミ最高!!

 「僕のサイト作成術」
  トップページはこちら


スポンサードリンク



ドメイン取得できるサイト一覧

 
ドメイン取得できるサイト一覧
ムームードメイン

NSFレンタルサーバー
inserted by FC2 system