「SEO対策・スパム行為について解説」

スパム行為について (アクセスアップの基本講座)

1.スパム行為
検索エンジンの登録を済ませたのでここで大切なスパム行為について学んでおきましょう。
Google(グーグル)やYAHOO(ヤフー)の検索エンジンのロボットに勘違いされたら困ってしまいますので警戒することが大切です。
スパムしているつもりがなくてもスパム判定されたらせっかくの努力も台無しになりますので頭の片隅に入れておくと事前に回避できると思います。
ホームページに対してのスパム行為とは検索エンジンのアルゴリズムを逆手にとって検索順位表示を強引に上位表示させることをいいます。ならスパム行為をした方が良いと思うかもしれませんね。
検索の上位表示さえすればアクセスが増えて被リンクも増え好循環が生まれやすい状況を作ることができますがGoogle(グーグル)の検索エンジンのアルゴリズムも馬鹿ではありませんし日々進化していますので一時的にうまくいってもその後は圏外に飛ばされます。

ここでスパム判定になりやすい行為を覚えておきましょう。
ちなみにスパム判定されペナルティを受けると検索順位が急激に降下していきます。
私自身も過去に1度SEO対策をやりすぎたことによりスパム判定により圏外に飛ばされアクセス皆無の状態がありました。
検索順位の降下は異常なほど降下しますので注意してください。


スパム判定になりやすい行為


スパム判定になりやすい行為
ここではGoogle(グーグル)がスパムだと考える行為について記述します。

・隠しテキストや隠しリンクの使用
・関連性のないキーワードをページに沢山記述している
・クローラー向けやユーザーに向けてページを作成・公開している
・ウィルス感染している
・独自のコンテンツが極端に少なくアフィリエイトなどの使用目的である
・訪問者にとって価値がない内容を公開している
・自作のプログラムでGoogleの検索や情報を収集している


これらがスパム判定と考える行為になりますが正直わかりにくい部分が多いはずですのでSEO対策をする上では頭の片隅程度で覚えておきましょう。これらと考えられそうな事をしないことです。
一度はGoogle(グーグル)のウェブマスター向けのガイドラインを確認しておきましょう。

逆にGoogleがどのようなサイトが理想的かを考えた方がSEO対策としてうまくいくかもしれませんね。


・検索エンジンに好まれるサイトとは
簡単に言えば検索エンジンが情報を収集しやすいサイトを好みユーザーにとっては見やすくて、為になり、楽しませるサイトとの事です。
過去に私がスパム判定になったやり方はすべてやりすぎ行為でサイト内被リンク、キーワードの羅列、関係ないキーワードなどで途中までは面白いように順位が上がりその後は急降下しました。
数週間ようすを見ましたが浮上しなかったので仕方なくドメインを変えましたが皆さんも注意してください。
やりすぎは逆効果になります。
サイト自体も変えていくなら少しずつの変化が良いかもしれませんので少しずつがキーワードです。






トップページが当サイトのメインコンテンツでわかりやすく解説してます
 当サイトはサイドビジネスや内職、副業等をネットでお金を稼ぐ方法を解説
当サイトはネットで稼ぐ方法の情報は得ることができるサイトですが違法性のある副業や内職、サイドビジネスなどの情報は公開しておりません。紹介するお小遣いサイトやアフィリエイトのサイトなどは大手の上場関連企業が多く信用できます。
ネットでお金を稼ぐ方法を学び毎月の副収入、ネット収入の喜びを感じてください。
inserted by FC2 system